3月29日(日) | tada.ima YOGA HOUSE

【開催延期】石橋もとこ お話会 『死に様は生き様』

20年以上に及ぶ看護師人生の中で、1000人近くの患者さんを看取ってきた石橋もとこさんをお招きし、患者さんたちが見せてくれた「生きる」物語、ご家族が見せてくれた「家族」の物語、沢山の患者さんの死から感じたこと、経験したこと、教えてもらったもの、生きる智慧を分かち合うお話会です。 あなたの物語と共にいらしてください。
お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

2020年3月29日 13:00 – 16:00
tada.ima YOGA HOUSE, 日本、〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷4352

イベントについて

 20年以上に渡り看護師さんを務めてきた石橋もとこさん(通称もんちゃん)、実際に一緒に泳いだことはないのだけど イルカのご縁で繋がったお友達です。

いつだったか、もんちゃんが看護というお仕事について、人生の最期をケアする看取りについて話してくれてことがあります。

患者さんの「死」というものに寄り添うことで受け取ったたくさんの気づきについて、ギフトについて、ただあるがままを分かち合ってくれた彼女は「看取り」という一見重いテーマにも関わらず、その大変な仕事について愚痴を漏らすでもなく、悲しみや苦しみを強要するのでもなく、語弊を恐れずに言うとイキイキと深い心からの喜びを表現しているようでした。

看取りという役割は単なる職業を超えて彼女の天職なのだと思ったこと、死は忌み嫌うものではなく、その向こうには何かがあるのだと思ったことを覚えています。

私自身これまで、祖父母や父、友人や知人といった身の回りの死を体験してきました。周りの人達もにも親兄弟、伴侶、親友など愛する人達の死を体験しています。そして私たち自身も例外なくいつか必ず死を迎えます。

この「死」という人生における最大のテーマ、そして「死」を見つめることで鮮明に光を放つ「生」の輝き。

ヨガは幸せのツール。

今を生きるため、より善く生きるため、生を輝かせていくために自分の純度を高めていくためのもの。

その「生」と向き合ったとき、「死」の意味についても想いを巡らせざるを得ません。

これまで1000人近くの患者さんを看取ってきたもんちゃんをお招きして、彼女が受け取ってきたメッセージや物語に耳を傾け、死について、生について、みんなで語らう集いを開きます。

普段は心の奥底にしまっている大切な想い、安心で安全な空間にそっと持ち寄って、あなただけの物語を聞かせてください。

~~~  石橋もとこ お話会  ~~~

『死に様は生き様』

~1000人近くの患者さんを看取ってきた看護師が見たもの

日時:2020年3月29日(日) 13:00-16:00

場所:tama.ima YOGA HOUSE

横須賀市秋谷4352

参加費:3500円(お茶、お菓子付き)

募集人数:10名

★2/22現在、お申し込み人数が定員に至りましたので

以降はキャンセル待ち受付とさせていただきます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++

初めまして。石橋泉子(もとこ)と申します。

 

「死に様は生き様」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

わかりやすく言うと、「人は生きたように死んでいく」ということです。

私は20年以上に及ぶ看護師人生の中で、1000人近くの患者さんを看取ってきました。大学病院勤務時代には、最先端治療から緩和ケア、看取りまで。その後は、慣れ親しんだ我が家で過ごす在宅の現場で、家族のような立ち位置から患者さんの最後の時間に寄り添ってきました。

 患者さんの人生の最期の時間に寄り添うということ。

 最期の時間は、その方が生きて来た人生そのものです。そこには、光り輝く瞬間が沢山ありました。

 患者さんたちの「生きる」姿から多くの生きるヒントと勇気を貰ってきました。

 それを私だけのものにしておくには、あまりにも勿体ない!!沢山の人たちに伝えたい!!

 ある患者さんから、

 「今、こうして動けなくなってから後悔してるんだ。これから先、病気になる人にね、このことを伝えてくれないだろうか?自分の経験が、少しでも人の役に立てたらと思うんだ。」と託されました。

 母を看取った後に、大きな後悔を残してしまった父からは、

 「お父さんのように後悔する人を、作らないで欲しいんだ」と託されました。

 

 病気になった経験者、介護をした経験者から次の人へ伝えたいメッセージ。

 1000人近くの患者さんが見せてくれた「生きる」物語。

 同じ数だけのご家族が見せてくれた「家族」の物語。

 沢山の患者さんの死から感じたこと、経験したこと、教えてもらったもの、生きる智慧。

 それを今、生きている人たちへ

 今、ご家族を介護している人たちへ

 ご家族や大切な人を亡くされて辛い思いをしている人たちへ伝えたい。

お話し会では、心が軽くなったり、生きるヒントや病気の人への接し方のヒントを得られたり、自分を含めた「生きる」を考える時間になれば良いなと思っています。

沢山の患者さんからのメッセージと共にお待ちしております。

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア

TOKOYOGA ・ tada.ima YOGA HOUSE | 4352 Akiya Yokosuka-shi Kanagawa JAPAN | 090-1815-6010 | tokoyoga516@gmail.com

© 2018 All Rights Reserved by TOKOYOGA